髪の悩みにはデルメッドヘアエッセンス!口コミは?

髪が元々細くて柔らかいため、綺麗に美容室で切ってもらってトリートメントなど、ケアしてもらって自宅でもケアはするのですが、寝ている間の摩擦でも少し絡まってしまいます。面倒だし少し寝にくいですが髪を束ねて寝ています。

夏は紫外線でも傷んできますが、冬は乾燥と摩擦、外に出ると強風が吹いたりと絡まってしまう要素が多く、綺麗にして出掛けても家に帰った頃には襟足部分が絡まっていることがほとんどです。ブラシで梳かして解けるときはいいですが、そうはいかないときもあります。無理に梳かしてしまうと枝毛や切れ毛も増えてしまい、本当に綺麗に保てる期間が短いと感じます。傷むのが早いためか毛先の方から染めた髪がすぐに明るくなってきてしまいます。

傷んでいるなら染めるのも止めればいいとも思いましたが、白髪も少し目立つし髪色を変えてオシャレもしたいので結局染めることは止めれませんでした。くせ毛というわけではありませんが、柔らかく細いためかふんわりとセットするのが難しいです。

わりとすぐにペタンコになってしまいます。髪を巻いてスプレーをしても数時間で、巻いたのかどうかあまりわからなくなってしまいます。ハードスプレーで固めてしまうのは好きではないので、仕方ないのかと諦めています。1番の悩みは前髪の分かれ方です。

生え際の問題もあると思いますが、美容室で切る時に綺麗に流して分けてもらっても、次の日は違うところで分かれてしまうため、雰囲気が変わってしまいます。

そしてもう2つ目が最近抜け毛と髪の細さが気になってきました。

40歳を過ぎるとさすがにストレス等で、髪の毛も弱くなってしまうのでしょうか??

そこでおすすめなのがデルメッドヘアエッセンスです。これを使いだしてから少しずつではありますが髪が強くなってきました。

デルメッドヘアエッセンスを使いたい人はこちらをチェック。デルメッドヘアエッセンスの口コミ。

レイチェルワインの口コミは??

わたしがファンデーションを塗るときに気を付けていることは、もちろんムラにならないようにすることです。しかし、その前にやるべきことは「ベースをしっかりと」ということです。

ベースというのは保湿と下地です。洗顔後、顔が濡れた状態で馬湯を使って顔をマッサージします。リンパマッサージなので血色も良くなり肌がポカポカしてきます。

馬湯が浸透するまでマッサージをした後化粧水を入れます。馬湯で滑りが良いのでこの時も軽くマッサージしながら保湿します。次は、人それぞれ自由ですが乳液やクリーム、ジェルなどで保湿します。

次に下地ですが血色がよくなるようにピンクの下地を使います。小鼻のまわりやまぶたなど細かい部分を入念に、薄く、優しく塗ります。の時点でまんべんなく丁寧に塗ります。こうすることで、化粧崩れを防ぎます。

次にファンデーションですが、3種類です。リキッド、固形、ルースパウダーです。ちなみにパウダーはレイチェルワインを使っています。

リキッドは専用の筆で塗ります、塗り方は、頬の内側から外に向かって塗布します。次におでこですが、下から上に筆を動かします。フェイスラインに濃くついてしまうと浮くので、外に向かって薄くなっていくイメージです。目の周り、小鼻に関しては筆に残ったファンデで充分です。目尻から下まぶたを通って、そのまま上瞼へ。一周するような感じです。次の固形ファンデも、要領は同じです。これもファンデーションブラシです。

リキッドと使い分けています。ルースパウダーは、大きくてふんわりしたタイプのパフを使用します。パフにパウダーを取り、先に顔全体に乗せます。乗せてから、優しくトントンと叩きながら広げます。化粧崩れのしにくい自分なりにこだわったやり方です。

パウダーファンデーションはレイチェルワインがおすすめです。

かなりお肌によいですよ。

レイチェルワインの口コミについてはこのサイトを参考に!!

アクレケアの口コミは?ここに注目!!

十代の時から頻繁に出来るニキビに悩んでおり、様々なニキビ対策をしてきました。基礎化粧品をサッパリした物にしたり、ファンデーションをオーガニックの物にかえたり、皮膚科に通ってみたりと手当たり次第に思い当たることを試しました。

その結果、十代の頃のニキビは比較的サッパリした基礎化粧品を使うことによって改善されていきました。

パリッとするほどのサッパリ感の物を使用し、余計な油分を落とすことで驚くほど結果がよくなっていきました。それに比べて厄介なのが、大人になってからのニキビでした。初めは十代の頃と同じようにサッパリした基礎化粧品を使用し、すぐに治ると思っていたのですが、全く改善されませんでした。

改善されるどころか悪化してしまい、乾燥してしまいました。そこで今度は反対に保湿を試みてみることにし、基礎化粧品をニキビケア用の物から保湿をたっぷりできるものに変更してみました。するとみるみるうちに改善されました。そして化粧水を変えた後は美容液もアクレケアに変更してみたんです。

そこで十代のニキビ肌と二十代以降のニキビ肌はケアの仕方が違うということを知りました。更に同時に始めたのが、野菜のスムージーや、市販の青汁を毎日飲むようにしました。すると、顎のあたりにあったニキビが改善されてきたのです。

今まで外からのケアばかり気にして、中から改善することは考えていなかったので、変化に驚きました。それからは、とにかく乾燥しないように保湿をすることと、スムージーなどで中から改善することを心がけています。

もう一つは美容液の薬用アクレケアです。このアクレケアですが私も最近まで全く知らなかったんですが、ニキビやニキビ跡を消す商品として最近人気急上昇中です。

実際私もこのアクレケアを使って、クレーター肌が少しずつ改善してきています。

ただ、完璧というわけではありませんが、徐々にって感じですね。

気になるあなたはチェックしてみてください。アクレケアの口コミはこちら。